スライドショー「ビデオ」をブログへ埋め込む方法
(OneDrive編)

パワーポイントでスライドショーをビデオに変換し、
「OneDriveのWebサイト」でHTMLコードを取得します!

動画が再生できるようになるまで、しばらく時間がかかる様でしたら、この記事を最後まで読んでから、再生ボタンをクリックしてみて下さいませ。

1. マイクロソフトアカウントを登録

先に登録しておくと、様々なサポートが受けられます。

登録済みの方は、目次の2.から始めてください。

2. パワーポイントのスライドショーでビデオを作ります。

PowerPointを開きます。

スライドショーの作り方は、「パワーポイントのスライドショーをブログへ埋め込む方法(OneDrive編)」を参考にして下さい。

  1. スライドショーができたら、上書き保存します。
    次にファイル➡名前を付けて保存➡形式をMPEG-4ビデオ(mp4)に変えてから保存します。

  2. 新しいプレゼンテーションを開きます。
    ファイルから新規➡新しいプレゼンテーション➡ビデオ➡このコンピューター上のビデオ

  3. 先程ビデオ形式で保存したファイルを選択し、挿入します。

  4. ウェブページを開いた際、自動再生や繰り返し再生したい場合の設定をします。
    メニューの再生から、開始を自動に変えて、停止するまで繰り返すに✔を入れます。

  5. 一度再生ボタンを押して、プレビューで確認してみましょう!

  6. ファイルからエクスポート➡ビデオの作成を選択します。

  7. 初期値では、フル HD となっているため、web上に貼るにはデーター容量が重いので、
    軽いのに変えます。ちなみに、HD は、You Tube と同じサイズです!

  8. 1枚のスライドの長さは、秒数で指定できます。
    ビデオの作成ボタンを押します。

3. スライドショーをOneDriveに保存

  1. OneDraiveの共有フォルダーへ保存します。

4. ファイルを共有➡埋め込みコードを取得します。

埋め込みコードを取得は、「パワーポイントのスライドショーを
ブログへ埋め込む方法(OneDrive編)」を参考にして下さい。


いかがでしたでしょうか?

今回は、アニメーション機能も反映されました。

これは、Google広告です

TOP