構造化データを「リッチザルトテスト」で検証

画像検索に有効なGoogle推奨の「JSON-LD」構造化データをリッチザルトテストで検証

サイトのアクセスアップに!

検索をする際、ウェブ検索や動画検索、画像検索などの機能がありますよねー

画像検索の画像

そこで、構造化データを生成すると思いますが、その後テストして検証するかと思います。

今回はそのテストツール「リッチザルトテスト」で検証してみましたのでご紹介します。

1. 構造化データマークアップ支援ツール手順

  1. 「構造化データマークアップ支援ツール」で検索してページを開きお自分のurlを入力します。
  2. ページ内の画像をクリックすると、色々入力できます。
  3. ご自分の必要な項目を入力し、保存をクリック
  4. 「HTMLを作成」ボタンをクリック
  5. 構造化データマークアップ支援ツールの画像

  6. HTMLコードをダウンロードします。
  7. 構造化データマークアップ支援ツールの画像

  8. 自分のページに貼り付けて上書き保存します。
  9. 次のステップ
  10. 構造化データマークアップ支援ツールの画像

今までは、「構造化データテストツール」で検証する流れだったのですが、このツールは廃止されるとの事です。

代わりに「リッチザルトテスト」を促しています。

構造化データマークアップ支援ツールの画像

という訳でやってみましょう!

2. リッチザルトテストで検証

  1. リッチザルトテストツールを開きます
    urlを入力し、URLをテストボタンをクリックします。
  2. リッチザルトテストツールの画像

  3. 「このページはリッチザルトの対象です」と表示されたらokです。
  4. テスト結果の画像

この様に日々地道な努力を重ねている今日この頃です。

See you again Take care (^.^/)))~~~bye!!




TOP